キモオタが書きたいことを書くブログ

世間一般で言うところのキモオタがなんとはなしに色んな事を書きます。テニプリ、審神者、ネオロマンサー。腐女子であり夢女子であり、2.5次元も嗜む要するに雑食オタです。

「本人確認」の功罪

さーて今回も始まりましたTwitter学級裁判!!

「チケット転売サイトでの購入はやめましょう」

「みんなで通報しましょう!」

「運営に本人確認するよう電凸しましょう!!」

「転売チケット購入者はファンじゃない!!」

もうね、何回繰り返せば気が済むのでしょうか。毎度毎度よくつかれないものだなーと。まぁこういう人たちは自分が満足できるほどチケット取れたら言わないんでしょうけど。

捕捉しますと、個人的にこういう人たちに辟易しているだけで方向性的には「正義」ではあると思っていますよ。転売良くないねその通りだね。

まぁ何のチケットでの学級会かはお察しください。

 

本題に入りますが、転売対策として一番に挙げられるのって「本人確認」ですよね。

実際に声優系のイベントでは無料のリリイベから個人イベから大きなライブから、たくさんのイベントで本人確認が実施されています。よく知らないけど週末にある王子様たちのライブでもあるんじゃないかなぁ。いつもやってるイメージ。

これ、確かに有効ですよね。友人間の譲渡ならまだしも業者と消費者の間で身分証の貸与なんてできないですし。友人間でも危機管理のきちんとしている人ならよっぽど信頼できる人にしか貸したりしないですもんね。顔写真が必要なら貸したところで……というとこですし。

身分証の偽造は犯罪ですのでしてはいけません。

 

で、その本人確認を求める声が若手俳優界隈……ちがいますね2.5界隈で度々聞こえます。が、言わせてほしい。

なぜ自分たちの首を絞める真似をするの?

 

ご存知の方も多いと思いますが、舞台公演のチケットって、公演の2~3か月くらい前に一般発売までしてしまうことがほとんどなんですよね。

ちなみに刀ミュ阿津賀志山本公演では最初の先行は5か月くらい前でした。

社会人の方にお伺いしたいのですが、3か月先の仕事の予定、確定していますでしょうか?おそらく答えはNOだと思います。

もうひとつ、3か月後もその俳優、推してますか?もっと推したい俳優を見つける可能性は絶対にありませんか?その俳優ととったチケットの公演が重なっている可能性はコンマ以下の可能性ですらあり得ませんか?

YESと答えた方の何%が本当にそうなのでしょうか。3か月経ってみないとわからないですよね。

 

何が言いたいのかと言いますと、「舞台公演はスケジュールの変動で観劇予定日の修正がありうる」ということなんです。

でもこれって、舞台公演の長所でもありますよね。複数日公演をしてくれるから、自分の都合に合う日にちで観劇が出来る。参加が出来る。タイミングや運もあるでしょうが変更だってきく可能性がある。

本人確認はこの長所を殺します。

 

だってそうでしょう?

本人確認が入るということは

その日その時間に絶対に入るしかない

所要で入れない場合にはお金を無駄にするしかない

その絶対の日にちを数ヶ月前に決めなければならない

 そういうことなんですよね。

 

チケットシェアリングみたいな定価譲渡システムが確立されれば話は別ですが、それって本人確認が始まると同時に普及することはないと思うんです。

今もあるにはありますが、そんなに普及してないですし。

mixi全盛ぐらいはおけぴが結構頑張ってましたけど、あれって紹介掲示板であって仲介システムではないんですよね。

結果、キャンプのように運営側で一旦金額を預かって、チケットが届いたら売り手にお金が入るといったサイトが普及したわけです。

個人間のやりとりの煩雑さだったり、詐欺行為の蔓延だったりでみんなが安全と簡便を求めたわけです。わかるわかる取引のやりとりめんどくさいよね。

 

すなわち、言ってしまえば現状を生み出したのは消費者そのものなのです。

ここからさらに本人確認なんて付随させて、それで転売が完全になくなると本当に考えているのでしょうか?

全員に本人確認をするとなると全員が本人名義のチケットを持っている必要があります。それによって友人との連番ができなくなる可能性もあります。だって全員本人確認しないと連番でチケットをとって余剰分を同行という形で高額販売できますもの。

連番申請システムを追加すればいいと言うんでしょう。そのシステムは誰が作ってどこが管理するんでしょう。今でもみんなが文句を言うシステム利用手数料はさらに上がりますね。

本人確認があるとなるとスタッフの増員も必要ですね。2〜3ヶ月ほどかけて東京だけでなく地方都市をまわる公演の人件費はどれだけ増えるんでしょうか。その人件費を運営は今のままで出せるんでしょうか。出せないとしたら誰が出すんでしょうか。消費者ですね。チケ代の定価そのものが上がるわけです。

スタッフを増員しても予定通り開場したのに開演に間にあわなかったらどうしますか?遅らせるしかないですね。地方公演で遅らせて帰りの新幹線やバスがなくなったら困るのは誰でしょう?私達観客です。

終電がなくなったら困るから途中で抜ける必要がでてきますね。せっかく定価でチケットを買えても定価分すら観れないですね。キャストだって、必死に取り組んでるのに終盤のいいところでばらばらと人が帰っていくの、理屈としては理解できるでしょうが心の底から納得するには時間が必要だと思います。真面目に取り組んでいる人であればあるほど。

 

うわあ負の連鎖がとまらないよう><

 

私の思う舞台公演の本人確認のデメリットは

・スケジュールの変更がきかなくなる

・新システム導入やスタッフ増員による消費者の負担額の増加(の可能性)

という、大きく考えて2点です。連鎖的に更なるデメリット発生の可能性は十分にあると思います。

本人確認のメリットは

・転売対策

以外にちょっと思いつかないので誰か教えてください。

 

念の為お伝えしますが、転売を見過ごせという話をしているのではありません。

対策としてバカの一つ覚えみたいに本人確認やれ!って騒ぐのは結局自分が困ることになりませんか、というお話です。

 

じゃあ対策どーすんだ、ってとこはきちんと考える必要がありますけども。

私達消費者の求めるところは

「希望顧客が正当な手段をもって正規の価格でチケットを入手できる環境」

ではないのでしょうか?その上で今あるメリットを失わずにいられるような方法を模索していきたいなあと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!