読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キモオタだって気にしてる

世間一般で言うところのキモオタがなんとはなしに色んな事を書きます。テニプリ、審神者、ネオロマンサー。腐女子であり夢女子であり、2.5次元も嗜む要するに雑食オタです。

ドリライ2016

かんそう

ミュージカルテニスの王子様 Dream Live2016に行ってきましたー!パシフィコ横浜

結論から申し上げますとめっちゃ楽しかったです!
一応私のテニミュ歴を振り返りますと、1stで割としっかりめに追いかけてて、その終了とともに一旦離れました。で、3rdの不動峰戦観劇→今回のドリライ、とまあ飛び飛びですし、だから3rdとか2ndシーズンで増えた楽曲は正直ほぼ知りません。
正直イケメンがキャラコスして一生懸命歌って踊ってファンサする、それだけで美味しいんです。


というわけでキャストのお名前とかほんと無知なまま行きましたが、ステージの上の彼らはキラキラしていて、もちろん当時とは出演者は違いますが、私の追いかけていたものと同じテニミュがそこにはありました。
今回の出演校はいわゆる原作における人気校はいません(主人校である青学は除く)。でもそんなのってテニミュでは関係ないんです。都大会で敗退する学校だろうが公式で地味扱いされていようが、正直原作でほぼ出番がなくってキャラクターの方向性がよくわからない役だろうが、彼らの持ってるキラキラが損なわれることはなくて、どんな学校でもキャラクターでもとびきり素敵な姿を見せてくれる、それがテニミュの魅力のひとつだと個人的に思っています。

ただひとつ言わせてほしい。
キャラの私服設定の衣装はあんなにKONAMI感の強いやつじゃなくていいんだよ!?!?!?

KONAMI感ってなんやねんって思う方はぜひKONAMIさんの過去に出したテニプリのゲームをご覧ください。そこでキャラクターたちの着てくる私服をご覧ください。
ああいうのを現実のイケメンが着て!!歌って踊ったりするのです!
顔面偏差値でカバーできるセンスにも限りがあるんだなというのがよくわかります。
1stの頃からあんな感じですがなぜそれを踏襲してしまったのか…時代に合わせてくれてもいいんだよ…?

さて、テニミュは現在3rdシーズン真っ最中なのですが、そもそもシーズンてなんぞや?という方のために説明しますと、ゲームで言うところの周回プレイに当たります。
で、周回プレイでは大筋は初回と同じですが初回にはなかったミニイベントが起きたり、セリフが少し変わっていたりすることがあると思います。
同様にテニミュ2nd,3rdでは1stの時とは歌が変わっていたりダンスが変わっていたりします。
ぶっちゃけダンスとか歌のクオリティで言えば、1stの初めの頃と今ではまったくレベルがちがいます。1stのダンスが得意なキャストがひとりで踊ってすごいすごいと騒がれてたようなダンスを全員で踊ったりします。歌もこいつはあかんって子はほぼいないと思われます。

それはさておいて、変わるところもありますがもちろん変更のない部分もあるわけです。
今回のドリライでは終盤立て続けにそういった1stで歌われていた曲を歌ってくれました。私は懐かしさに大歓喜です。
特に校歌とも呼ばれる、各校の紹介ソング的なものはほんとうに嬉しかったです。
不動峰のね!!!!校歌がね!!!!すごく好きなんです!!!!!

そしてアンコールでは恒例の客席降りもありまして。客席降りの曲は2曲あって、私は2階席だったんですが、不動峰の神尾、内村、青学の菊丸、ルドルフの金田、山吹の東方が近くまで来てくれましたー!キャスト名わかんないのでキャラ名で失礼します。

もうねーほんとなんていうか、イケメンが笑顔で手を降ってくれるってそれだけでお金を払う価値のあるものだと思いましたね。
私は不動峰の橘役の方の顔がめっちゃかっこいいなと思ってたんですが、残念ながら私のいる場所の一つ隣の通路でした…十分近くでしたし、もっと近くに来てくれた神尾くんも好きな顔なので眼福でしたけど!!


というわけで本当に楽しいライブでしたー!

今後の予定として再来週には刀剣乱舞ミュージカルとキラフェス、その次の週にはもう一度刀ミュとたいへん充実した予定が入ってるので生きていくのが楽しいですね!!
このまま楽しく生きていきたい!!